« IME言語バーのボタンが消えた | トップページ | サムネイル画像が表示されない »

2008年5月 6日 (火)

IME2007の学習機能

Office2007をインストールしたパソコンの日本語入力の評判がすこぶる悪いです。変換時の動作が遅い、おかしな変換、確定してもなかなか学習してくれない等など・・・

これは、Office IME2007が今までのIMEと違って予測入力の機能がついているからです。学習するには時間がかかり、根気よく育てていかなければならないようですね。

とても、やってられない方はVISTA付属のMicrosoft IMEに戻して使用する方法があるようです。
→「IMEツールバー右下の設定」-「全般」-既定の言語から選択
→ない場合は追加で「日本語」-「キーボード」-「Microsoft IME]を見つけ追加する

既定の日本語システムをWindows Vista標準のMicrosoft IMEに設定する方法

VistaにOffice2007が導入されていた場合、Microsoft IMEMicrosoft Office IME2007の2つの日本語システムが存在していたんですね。ネット上にさまざまな検証結果がでていました。「猿頁」さんの「(10)IME2007は有罪か」とても参考になりました。

|

« IME言語バーのボタンが消えた | トップページ | サムネイル画像が表示されない »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/494923/20797657

この記事へのトラックバック一覧です: IME2007の学習機能:

« IME言語バーのボタンが消えた | トップページ | サムネイル画像が表示されない »