« Outlookの連絡先をWindows liveメールへ | トップページ | Windows8初期設定 »

2013年8月 9日 (金)

Windows liveメールのアドレス帳をOutlookへ

Windows liveメールのアドレス帳からOutlookへの移行は次の通り

  1. Windows liveメールのアドレス帳をクリック
  2. 「エクスポート」-カンマ区切り(.CSV)
  3. 保存先を「参照」で選択しファイル名入力 → 保存 → 次へ
  4. エクスポートするフィールドにチェック
    ・[名] [姓] [電子メールアドレス]
  5. 名前のチェックははずす(インポートしたとき、姓名が逆になるので)
  6. 完了

CSVファイルが指定の場所に保存された。このままインポートすると、文字化けしてしまうので、〔ANSI〕に変更する

  1. エクスポートしたファイルの上で右クリック
  2. 「プログラムから開く」 → 「メモ帳」
  3. 「ファイル」-「名前を付けて保存」
    ファイルの種類:すべてのファイル
    文字コード:ANSI
  4. 保存(上書き)

最後に、Outlookの連絡先にインポートする

  1. 「ファイル」-「インポートとエクスポート」(Outlook2010はファイル→開く→インポート)
  2. 「他のプログラムからのインポート」を選択 → 次へ
  3. 「テキストファイル(Windows、カンマ区切り)]」を選択 → 次へ
  4. 参照をクリックし、インポートするファイルを選択 → 開く
  5. 重複した場合、インポートするアイテムと置き換える → 次へ
  6. インポート先のフォルダ「連絡先」クリック → 次へ
  7. 〔フィールドの一致〕クリックして、一致を確認
  8. OK → 完了

連絡先を確認して完了です。

参考サイト:http://outlooknavi.net/article/category/data_transfer

|

« Outlookの連絡先をWindows liveメールへ | トップページ | Windows8初期設定 »

インターネット・メール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/494923/53885231

この記事へのトラックバック一覧です: Windows liveメールのアドレス帳をOutlookへ:

« Outlookの連絡先をWindows liveメールへ | トップページ | Windows8初期設定 »