インターネット・メール

2017年6月23日 (金)

アメブロでユーチューブ動画が表示しない

Windowsかアメブロのアップデートが原因か4月ごろからユーチューブ動画表示が真っ黒に。

過去の表示もすべて黒くなって表示していない。Chrome、FireFoxだと表示される。

原因不明なので、アメブロに問い合わせてみると、下記の回答。

  1. 【カスタム可能】ベーシックのデザインを設定している場合に、該当の事象が発生する
  2. YouTube側が対応していないために発生している
  3. CSS編集用デザインなどに変更すると、表示できるようになる。
  4. 方法は、「デザインの変更」→カスタム可能→CSS編集用デザイン

デザイン変更は、大きなこと。ほんとかなと不審に思い、新たにテスト用ブログを立ち上げて再現テストを試みる。

あれれ?やっぱり表示しない。何か間違っているのか???

ダメもとで、再度アメブロに問い合わせてみると

調べてくれて、なんと!

運営事務局にて、該当の箇所の修正を行いました。」

と回答。

直りました。あきらめずに、問い合わせてみるもんですね。

私の問い合わせを真剣に聞いてくれて対応していただいた、アメブロ運営事務局に感謝です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

PCが危険ですのポップ広告

IEを開くとPCが危険ですと、エラー表示で不安をあおるポップが出ましたとSOS。

なるほど、ぴかぴかと光ってでています。これは、あやしいソフトがインストールされてしまったのが原因。怪しいポップにクレジットが出ているので、検索して削除すべくソフト名を探します。

  1. 「コントロールパネル」-「プログラムのアンインストール」
  2. 目的のキーワードを見つけクリック → アンインストール

これで安心だと思ったら、また出現。よく見ると、クレジットが異なります。

根気よく繰り返し、ようやくでなくなりました。今回削除したキーワードは、下記の通り

  • reimage repair
  • Inbox.com
  • uniblue pc mechanic
  • rebateinformer
  • pc power speed
  • ad options
  • registry optimizer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

Internet Explorer最新情報が表示されない2

ホームページを修正後、IEで確認しても、古い情報にまま表示されている。他の方のパソコンから見るときちんと表示されていて、正しく更新されていることがわかる。

原因は、インターネットエクスプローラーのホームページが表示される仕組みに問題があるようだ。

インターネットエクスプローラーでは、ホームページを表示するときに、
一時的に自分のパソコンに記憶して表示させる(キャッシュ)。次回表示するときにより早く表示させるためだ(変更箇所のみ表示させるのは効率よいと考えられているため)。

このため、修正前に表示させたページを変更後、再度表示させてもキャッシュを読み込んでしまって、最新情報にならないことが、たびたび発生。

キャッシュを読み込まないで、Webページから読み込ます方法は、

cherryまずは、「更新」ボタンクリック(F5)・・・リロード

それでだめなら、

cherryCtrl キー + F5 ・・・ スパーリロード

こんなにやってもダメな場合は、キャッシュをクリアしましょう。

  1. 「ツール」-「インターネットオプション」
  2. 「全般」タブ
  3. 閲覧の履歴の 削除クリック
  4. お気に入りWebサイトデータを保持する のチェックをはずす
  5. 削除

キャッシュクリア Iecash2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

添付ファイルが開かない

Windows liveメール2012、添付ファイルが開かないとSOS。一度保存させると開くことができる。

良くわからないときは、一時ファイルを消してみる。

  1. 画面下の「エクスプローラー」クリック(Win7なら「コンピュータ」)
  2. ローカルディスク(C)の上で右クリック → プロパティ
  3. ディスククリーンアップをクリック
  4. 計算するので 表示されたら → OK → ファイルの削除

これで、添付ファイルがすぐ開くことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月22日 (月)

snapdo.comが表示される

Snapdo.comIEを起動すると必ずserch.snapdo.comの表示が出てしまうとSOS
おまけに、「Windowsのエラーを修正」という怪しいポップアップも表示される。

これは、何か仕組まれている。

  1. まずは「コントロールパネル」-「プログラムの追加と削除」に怪しいものがないかチェック
  2. snapdo は見当たらない
  3. QuickShare-Linkury Inc を発見しアンインストールを試みる
  4. QuickShare-Linkury Inc アンインストールできない

それでは、これらのアドウエアをアンインストールしてくれるフリーソフトを利用しよう

  1. 「IObit Uninstaller」を窓の杜からダウンロード
  2. 実行して、「QuickSare]をアンインストール
  3. 「yontoo」も忘れずにアンインストール

これで、いつものGoogleの画面に戻り一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

AL-Mail32のアドレス帳をWindows Liveメールへ移行

XPのサービス終了に伴いWinndows8を購入。アドレス帳を移したいと相談を受ける。なんとメーラーはAL-Mail32でした。

まずは、アドレス帳の場所を探し出しファイルを取り出す。

C:\Program Files\Almail32\Mailboxフォルダにある「Address」ファイルをデスクトップへコピーします。

次にメモ帳で中のデータをカンマ区切りに変更します。

  1. メモ帳を起動
  2. 「編集」-「置換」
  3.  検索する文字列→「:」  置換後の文字列→「,」 すべて置換クリック
  4. 1行目にタイトルを入力(名前,メールアドレス)

UTF8に変換して保存します。

  1. 「ファイル」-「名前を付けて保存」
  2. 文字コード → 「UTF-8」に変更
  3. 保存

Win8には、WindowsLiveメール2012インストール済み

  1. Windows Liveメール2012起動
  2. アドレス帳をクリック
  3. インポート クリック
  4. カンマ区切り(.csv) クリック
  5. 参照 クリック
  6. 保存したファイルを選択 → 開く
  7. フィールドをきちんと該当するものに割り当て → 完了

きちんとアドレス帳に入ったか確認しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

Windows liveメールのアドレス帳をOutlookへ

Windows liveメールのアドレス帳からOutlookへの移行は次の通り

  1. Windows liveメールのアドレス帳をクリック
  2. 「エクスポート」-カンマ区切り(.CSV)
  3. 保存先を「参照」で選択しファイル名入力 → 保存 → 次へ
  4. エクスポートするフィールドにチェック
    ・[名] [姓] [電子メールアドレス]
  5. 名前のチェックははずす(インポートしたとき、姓名が逆になるので)
  6. 完了

CSVファイルが指定の場所に保存された。このままインポートすると、文字化けしてしまうので、〔ANSI〕に変更する

  1. エクスポートしたファイルの上で右クリック
  2. 「プログラムから開く」 → 「メモ帳」
  3. 「ファイル」-「名前を付けて保存」
    ファイルの種類:すべてのファイル
    文字コード:ANSI
  4. 保存(上書き)

最後に、Outlookの連絡先にインポートする

  1. 「ファイル」-「インポートとエクスポート」(Outlook2010はファイル→開く→インポート)
  2. 「他のプログラムからのインポート」を選択 → 次へ
  3. 「テキストファイル(Windows、カンマ区切り)]」を選択 → 次へ
  4. 参照をクリックし、インポートするファイルを選択 → 開く
  5. 重複した場合、インポートするアイテムと置き換える → 次へ
  6. インポート先のフォルダ「連絡先」クリック → 次へ
  7. 〔フィールドの一致〕クリックして、一致を確認
  8. OK → 完了

連絡先を確認して完了です。

参考サイト:http://outlooknavi.net/article/category/data_transfer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

Outlookの連絡先をWindows liveメールへ

Outlookの連絡先をWindows Liveメールへ移行したいと相談された。フォルダ単位でできそうだ。

  1. 「ファイル」-「インポートとエクスポート」(Outlook2010はファイル→開く→インポート)
  2. 「ファイルにエクスポート」 → 次へ
  3. 「テキストファイル(Windowsカンマ区切り)」 → 次へ
  4. エクスポートする〔連絡先〕のフォルダをクリック → 次へ
  5. 保存先を「参照」で選択しファイル名入力 → 次へ → 完了

CSVファイルが書き出された。このままインポートすると、文字化けしてしまうので、「UTF-8]に変更する。

  1. エクスポートしたファイルの上で右クリック
  2. 「プログラムから開く」 → 「メモ帳」
  3. 「ファイル」-「名前を付けて保存」
    ファイルの種類:すべてのファイル
    文字コード:UTF-8
  4. 保存(上書き)

最後に、Windows liveメールのアドレス帳にインポートする

  1. Windows liveメールのアドレス帳クリック
  2. 「インポート」-「カンマ区切り(.CSV)」
  3. 参照をクリックし、インポートするファイルを選択 → 開く
  4. ファイル名を確認し → 次へ
  5. フィールドを確認し → 完了

これでアドレス帳の以降は完成。メールデータの以降は直接できないようです。

Thunderbird を経由する裏ワザがあるようですが・・・

参考サイト→http://outlooknavi.net/article/171935822.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

Windows Liveメール2011 オンラインにできない

オフラインで作業Windows Liveメール2011で、うっかり「オフラインで作業」のボタンを押してしまった。「オンラインで作業」をクリックしても、、「オフラインで作業しています。オンラインに切り替えますか。」を繰り返し、元にもどらなくなった。

Microsoftコミュニティにもこんな内容が

http://answers.microsoft.com/ja-jp/windowslive/forum/livemail-email/windows-live/387b6dcf-46f3-471e-ae0b-febcb8fbcb94

しかし、以下の方法で簡単にあっさり直りました。

  • IE起動
  • 「ファイル」-「オフライン作業」のチェックをはずす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

Internet Explorer 最新情報に更新されない

ホームページを更新しても、IE9では最新状態にならないことがある。「更新」ボタンを押しても駄目。どうやらIE9は、表示速度を早くするためにキャッシュを優先させることが原因のようだ(FireFoxでは、きちんと表示される)。対策としては一時ファイルの設定を変えてみると良いようだ。

インターネット一時ファイルと履歴の設定「インターネットオプション」-「全般」タブ 〔閲覧の履歴〕の設定

→Internet Explorerを起動するたびに確認する・・・チェックを入れる

これで、修正されたことが、きちんと確認できた。

しかし初期設定は「自動的に確認する」

ということは、ほとんどの方がIEでご覧になっているので、修正してもタイムラグが生じると心しておかねばならないということですね。

IEが開発者にとって不人気な利用はここにあり。

※これでも、更新されない場合は、こちら参照 → IntternetExplolrer更新されない2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧